医療レーザーを照射する全身脱毛って痛いですか?

クリニックの全身脱毛では永久減耗ができる医療レーザーを照射しています。
全身のむだ毛がすっきりきれいになり、面倒な自己処理は不要となるのが良いところです。
その代わりに毛根に熱ダメージを与える関係で痛みが強い難点がありました。
医療レーザーと一言で言ってもアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーやヤグレーザーなどいろいろな種類があります。

アレキサンドライトレーザーの痛みは

この中で一般的なのがアレキサンドライトレーザーです。
レーザーの中でも比較的照射範囲が広い、美肌効果まで期待できるなどのメリットがあります。
痛みは人によって感じ方が異なりますが、輪ゴムで弾かれた程度とよく表現されています。

ダイオードレーザーの痛みは

ダイオードレーザーを照射できる脱毛マシンの中にライトシェアデュエットと言うものがあります。
この脱毛マシンでは皮膚を吸引して引っ張り上げているため痛みが少ないと言われています。
アレキサンドライトレーザーでは円形のレーザーとなっています。
そのため施術者の技量にもよりますが打ち漏らしが起こることがありました。
ダイオードレーザーは四角形なので打ち漏らしが起きる可能性が低いです。
アレキサンドライトレーザーでは苦手としている産毛の脱毛も得意としています。
メディオスターNeXTPROと言うダイオードレーザーを照射する脱毛マシンではバルジ領域と言う毛包幹細胞にダメージを与えています。
一般的な脱毛マシンより痛みが少ない、火傷のリスクも低いなどのメリットがあります。
痛みがどうしても苦手と言う方はメディオスターNeXTPROを導入しているクリニックで施術を受けると良いでしょう。

ヤグレーザーの痛みは

ヤグレーザーはあまり導入しているクリニックが少ないですが、他の医療レーザーと比べると波長が長いので皮膚の深部まで届くと言った特徴があります。
このためムダ毛が濃く太い両わきやVIOラインの脱毛に適しています。
日焼けして黒くなったお肌でも施術が可能です。
その代わりに他の医療レーザーより痛みが強くなっています。
麻酔を使用しても皮膚深部まで届く関係で効き目が悪いことがあります。